カテゴリー別アーカイブ: 家具

2020年3月31日

「Coffee Table」


Size /W1360 D520 H560
Material /Teak

異素材の組み合わせが美しいTeak材Coffee table。
立上がりのある天板や籐張りを施した下段ラックなど、細かなディテールが目にとまります。
真鍮取手の引き出しは両面ともに設置され機能性もしっかり考慮されており、W560mmとやや高めの設計のため、ソファ前に使うには程よい高さ。
温かな印象のTeak材に組み合わせた真鍮や籐張り、ブラックメラミンがデザインの良さを引き立てています。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2020年3月27日

「Ottoman」


Size / W:640 D:415 H:380mm
Material / Teak

ゆるいカーブを描いたTeak材オットマン。
広めの座面と若干外に開いた脚、シンプルな形状にも見えますがバランスのとれた美しいフォルムとなっております。
ソファ前にセットして足置きとするのはもちろんのこと、玄関口や化粧台の近くに置いて少し腰掛けるスツールとしても使用できます。
無くても良いけれど、あると嬉しい。
暮らしを豊かにする、という言葉がしっくりくるアイテムです。

メンテナンス完了済
オイル仕上げ/生地張替済

【お問い合わせ】

2020年3月17日

「Sideboard (SOLD)」


Size / W:1900 D:480 H:870mm
Material / Teak

木目の美しいTeak材サイドボード。
丸い取手にしなやかなフォルムの脚部、非常に優美な佇まいです。手を触れてみると角は滑らかに丸められており、全体的に柔らかく丁寧なつくりでありことを実感します。
収納量も申し分無く、左側と中央には可動式の収納棚。右側には4杯の引出しが備わっており、小物やカトラリーなど細かなものの収納も可能です。
Lowタイプのサイドボードは収納としての機能を満たすだけでなく、空間を圧迫感なくすっきりとコーディネートできる良さも持ち合わせています。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2020年3月7日

「Dining Table 4LEF type (SOLD) 」


Size / W:700〜2600 D:890 H:745mm
Material / Teak

バタフライ式ダイニングテーブル。木目の美しいTeak材を使用しております。
2人で使用するのに丁度いいコンパクトなサイズ(W700mm)から、
それぞれのシーンに合わせて最大W2600まで拡大します。
両サイドのリーフと幅550mmある2枚の中板を多様に組み合わせることで、
変化する生活形態に難なく適応する柔軟性も魅力です。
台形のリーフに沿うように本体天板も若干アールがかっていたりと、
デザインも綺麗なテーブルです。

天板ウレタン塗装仕上げ

【お問い合わせ】

2020年3月3日

「Small Sideboard (SOLD) 」


Size / W:1380 D:430 H:770mm
Material / Teak
Manufacturer / Poul Hundevad
Designer / Carlo Jensen

Carlo JensenデザインのSideboard。
無駄の無いシンブルなフォルムがローズウッドの美しい木目を引き立てています。
収納は可動式の抽き出しと3段の棚板が備わっており、収納パターンも豊富。
コンパクトなサイズながら十分な収納力をもち、デザイン性、機能性ともに優れたアイテムです。
シンプルさの中に美しい木目、扉のつき方、本体と脚のバランスなどデザイナーのこだわりが多く詰まっております。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2020年2月23日

「Dining Chair」


Size / W:535 D:545 H:740(SH:460)mm
Material / Rosewood
Designer / Kai Kristiansen

Rosewoodを使用したKai Kristiansenの名作椅子No.42。
ダイニングチェアとしてデザインされたこの椅子は、腰を下ろすとレザーを纏った背もたれと座面が優しく身体を包み込み、その座り心地の良さは他に類を見ない程、圧巻です。
テーブルの天板下に収まり易いようハーフアームに設計され、エッジの効いたアームが心地良く腕にフィットします。
背もたれは背中の角度に合わせて動く可動式で、座った際の腰へのストレスも軽減。
アームからまっすぐに伸びた後脚。そのシャープなフォルムはなんとも美しく、デザインと機能性、すべてが計算された一脚となっております。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2020年2月21日

「FRITZ HANSEN Lily 50th anniversary」


photo by FRITZ HANSEN

日頃よりご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。

デンマーク家具メーカーFRITZ HANSEN社よりお知らせです。
本年50周年を迎える名作椅子が復刻されることになりました。
その名作椅子とはデンマーク巨匠Arne Jacobsenによる「Lily (リリー)」。
「エイトチェア」とも呼ばれるこの椅子は、1968年にデンマーク国立銀行を設計したArne Jacobsenが建物に合わせデザインをしたもの。1970年にはアーム付きのモデルを公開し、これがArne Jacobsenの最期のチェアとなりました。
それまでに生み出されたチェアよりも曲線の複雑な「Lily(リリー)」は、薄くスライスしたベニヤをラミネート加工するという非常に複雑な成形合板技術の集大成といえます。しかし、この立体的で複雑な曲線を安定的に製造する事が難しかったナチュラルウッドタイプはすぐに製造されなくなったのです。
そして今年、発表より50周年。
これを記念し、ナチュラルウッドモデルをウォルナットで復刻致します。
現在ではフルパティングでしか製造されていない「Lily(リリー)」ですが、その曲線の美しさ、バランスを堪能できるのはウッドモデルならではの魅力。
ぜひこの機会に店頭でご覧ください。

【Lily 50th Anniversary model】
3208 Lily Arm chair / Walnut
Size : W620 D490 H800 SH430 or 460 AH680mm
Price : ¥152,000(税別)

3108 Lily chair / Walnut
Size : W540 D490 H800 SH430 or 460 mm
Price ¥86,000(税別)

【FRITZ HANSEN】
FRITZ HANSEN社は、1872年若き家具職人フリッツ・ハンセンによって創業されました。
それ以来、デンマークはもちろん世界のデザインの歴史において確かな存在感を発揮し続けています。
このような家具メーカーは、世界的にも例がなく、すばらしい職人技、個性豊かなデザイン、そして圧倒的なクオリティは、全ての製品に共通する特徴です。

【Arne Jacobsen】
1902年デンマーク コペンハーゲン生まれ。1927年に王立芸術学校建築科卒業。伝統的なデンマークデザインに近代機能主義を取り入れ、近代デンマークデザインの基礎を築いた。優れたデザインの建築物や家具を設計し、数多くの賞を受賞。代表的な作品は、「スカンジナビア空港ビル」「デンマーク国立銀行」「SASロイヤルホテル(現 ラディソン・コレクション・ロイヤル・コペンハーゲン」など、その建築を構成する家具、照明、時計やカトラリーに至るまで細部にこだわりデザインをしていた。

【お問い合わせ】

2020年2月20日

「Dining Table Square type」


Size / W:1250/2100/2600 D:850 H:735mm
Material / Teak

木目の美しいダイニングテーブル。
天板は綺麗にフチどられ、Teak特有の温かさ、柔らかさを感じる優美な佇まいです。
天板下にはエクステンションの板が隠されており、
料理の品数が多いときや、作業で物を広げて使いたいときなど
ちょっとスペースを要するときには天板下から引き出して拡張することができます。
通常の大きさで使用しても天板に割れ目はなく、
拡張式であることを感じさせない、非常に美しい仕上がりです。

天板ウレタン塗装仕上げ

【お問い合わせ】

2020年2月16日

「Corner Cabinet」


Size / W:600 D:500 H:1325mm
Material / Teak

Teak材コーナーキャビネット。
直線的なラインの中に美しい曲線が組み込まれ、シンプルで優美なデザインです。
上段は観音開き戸になっており、3段の棚板は可動式。
お好きな高さに調節可能ですので、収納物によって使い分けください。
下段には3杯の引出しが備わっており、
食器や小物など日用品も十分に収納できます。
深みの増したチークはヴィンテージならではの贅沢。
部屋の角に佇む姿はどこか安心感があり、温かな気持ちになります。

現在メンテナンス前の状態で展示しております。
お渡し前に全体の研磨、オイル仕上げ完了後のお渡しとなります。

【お問い合わせ】

2020年2月2日

「Dining Table Oval type」


Size / W:1500〜2500 D:1040 H:730mm
Material / Rosewood

オーバル型ダイニングテーブル。木目の美しいRosewoodを使用しております。
角のあるスクエア形のテーブルに比べ、少々コンパクトで和やかな雰囲気となる印象。
付属の中板を入れて大きくしても、圧迫感なく使用できます。
ローズウッドの気品ある佇まいと柔らかなシルエットで
優美なダイニングシーンを堪能できます。
ラウンドテーブルのような優しい雰囲気が好きだけど、
もっとゆったりと座りたい、という方におすすめです。

天板ウレタン塗装仕上げ

【お問い合わせ】