カテゴリー別アーカイブ: 家具

2019年8月8日

「3seater Sofa」


Size / W:1080 D:420 H:800(SH:440)mm
Material / Teak
Design / Ole Wanscher
Makers / France&Son

1950年代にFrance&Son社からOle Wanscherにより発表された三人掛けソファ「model 166」。
Senator(上院議員)とも呼ばれるこのソファは、応接セットとして使用されていたとか。
チーク無垢材を贅沢に使用したフレームは骨太構造ながらすべての角が丸く丁寧に削られて、
圧迫感を感じさせない落ち着いた印象です。
とくに緩やかにカーブを描くアームが素晴らしく、思わずいつまでも肘を添えていたくなるような滑らかで優しい手触りが魅力的。座面は傾斜が少ないため腰への負担も少なく動作もしやすい。
テレビをみたり読書をしたり、なにげなく流れる時間を豊かに過ごすことが出来るでしょう。
温かみのある表情でリビングを和やかにしている風景が、目に浮かんできます。

オイル仕上げ/クッションは張替え予定

【お問い合わせ】

2019年7月22日

「Sideboard」


Size / W:2100 D:500 H:810 mm
Material / Rosewood

ローズウッド材によるロータイプのサイドボード。
美しく削り出された取手や四隅が柔らかな曲線の扉、見事な比率の脚と脚貫など
細部までこだわられた丁寧なつくりがローズウッド特有の木目や風合いを
より魅力的に引き立てます。
艶やかで引き込まれるような存在感をまとい、その佇まいは別格です。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2019年7月19日

「works更新」

NESTにてお手伝いさせていただきました設計、内装デザインや家具、照明、雑貨の納品事例をご紹介しております【works】ページにて、本日【KU様邸】の記事をご紹介させて頂きました。是非ご覧ください。

2019年7月8日

「Arm chair」


Size / W:620 D:530 H:775 SH:450 mm
Material /Teak

赤みのあるTeak材とブラックのビニールレザーを合わせたヴィンテージチェア。
角の削られた丸みのあるアームや若干横広なフォルム、
座面が浮いたように見える座下木枠の構造など、愛嬌と美しさを併せもつチェアです。
腰を下ろすとビニールレザーで張られた背板が背中を優しく包み込み、
その安定した座り心地に思わず立ち上がることを忘れてしまいそう。
リビングやダイニング、書斎などお部屋の一角にシーンを選ばすご使用いただけます。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2019年7月5日

「 Mirror 」


Size / W:345 D135: H:1050 mm
Material /Teak

真鍮取手の小引出しを備え持つTeak材のミラー。幅が細く柔らかな印象の佇まいで、映る姿をより美しく際立ててくれそう。小さな引出しは、ちょっとしたアクセサリーを入れるのに最適。とてもデザイン性に富んだミラーですので、空間を広く見せるのはもちろんのこと、インテリアのひとつとして空間のアクセントに最適です。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2019年7月1日

「OW149F COLONIAL FOOT STOOL Campaign」


Photo by Carl Hansen&son

日頃よりご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。
本日から始まるお得なキャンペーンのご案内です。
デンマーク老舗家具メーカーCarl Hansen &Sonの「OW149 COLONIAL CHAIR」は洗練されたエレガントなラインと共に、優れた座り心地と耐久性を合わせ持つオーレ・ヴァンシャーの代表作。そのチェアの使用感を高めてくれるフットスツールを対象としたキャンペーンを実施致します。
対象仕様の「OW149 COLONIAL CHAIR」をご購入の方に、「OW149F FOOT STOOL(対象仕様)」を1台プレゼント!!
また、対象仕様の「OW149F FOOT STOOL」のみをご購入の方には25%OFFになるという、とてもお得なキャンペーンです。
1949年にデザインされ、今でも沢山の愛用者のいるこの椅子は、家具の歴史に造詣が深いオーレ・ヴァンシャーの作品らしく、1750年代〜60年代のイギリスのラダーバックチェアを彷彿とするエレガントで気品のあるデザインです。また座面は籐張り、クッションはダウンの入った贅沢なつくり。
ぜひこの機会に名作椅子をリビングに、書斎に、寝室に取り入れてみませんか。

【OW149F COLONIAL FOOT STOOL CAMPAIGN】

期間 : 2019年7月1日〜7月31日 1ヶ月間
内容 : 対象仕様のOW149(COLONIAL CHAIR)をご購入の方にOW149F(FOOT STOOL)プレゼント。
対象仕様のOW149F(FOOT STOOL)をご購入の方は25%OFFにてご提供します。

商品仕様 : 本体/ Oak /オイル仕上、Walnutオイル仕上
張地/ THOR301(ブラック)、THOR306(ダークブラウン)、THOR307(ライトブラウン)

納期時期 :最短納期(一部品切れの場合は取り寄せとなります)

詳しくは店頭のスタッフ迄お尋ねください。

【Ole Wancsher】
1903年コペンハーゲン生まれ。王立芸術アカデミーで師事したコーア・クリントの事務所で、1924年から2年間仕事をしたあと、1928年自身のデザイン事務所を設立。家具デザイナーに専念していった。クリントの後継者として王立芸術アカデミー家具科の教授にも就任し、デンマークのデザイン界をデザイナーとして、教育者として牽引してきた。
ヴァンシャーは欧州各国、エジプトなどを旅し、各地で家具デザインを研究し、そこで得たインスピレーションをもとに独特の美しい作風を作り上げていく。また家具をひとつの建築物と考え、優美な細い線を駆使した躍動感のあるフォルムを作品の多くに使用している。素材とディテールにこだわったヴァンシャーの名作は今日も発表当時の新鮮さを失っていない。

【お問い合わせ】

2019年6月20日

「Dining Chair」


Size / W:480 D:470 H:800(SH:450)mm
Material / Rosewood,Leather
Design / Knud Fearch
Makers / Slagelse Mobelvaerk

Slagelse Mobelvaerk社からアイスランド出身のデザイナーKnud Fearch (クヌ・フェーク)により発売されたダイニングチェア「model343」。ローズウッド無垢材から丁寧に削り出されたフレームは滑らかなラインが流れるようで美しく、腰を下ろすとアールがかった背もたれが背中に優しくフィットします。 一見シンプルなフォルムですが、太さをかえながら真っ直ぐ伸びる脚や2トーンのローズウッド材を組み合わせた背板、立体的に削り出された背面のデザインなど、至る所でデザイナーのこだわりが表現されています。 繊細な作りとデザインをもつこのチェアは、快適で上質なダイニングシーンを演出することでしょう。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2019年6月9日

「High Sideboard」


Size /W1190 D420 H1230
Material /Teak

チーク材を使用したH.P.HANSEN社製のサイドボード。
中央には観音開きの扉と4杯の抽き出し、左側の引戸内には可動式の小引き出しが備え付けられています。 様々な収納パターンで抜群の機能性を持ちますので、食器、カトラリー、書類などアイテムを選ばずに収納することが可能です。 一見シンプルにみえるデザインですが、扉ひとつひとつが丁寧な作りでバランスよく配置され、 屈まずに使用できる収納は使う人にとって心地良く、日常に配慮した秀逸なデザインとなっております。 また、高さ1230mmとやや高めのデザインではありますが、長くコンパクトな脚部が圧迫感を緩和し空間をすっきりとまとめます。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】

2019年5月30日

「FRITZ HANSEN PK22™ Special Edition 入荷 」

11355_PK22 - Special 2019 edition - Nuance leather
Photo by FRITZ HANSEN

日頃よりご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。

デンマーク老舗家具メーカーFRITZ HANSEN社より、POUL KJÆHOLMの傑作と名高い「PK22™ ラウンジチェア」のスペシャルモデルの展示入荷のお知らせです。

2019年4月1日より2020年4月30日までの1年間の期間限定で「PK22™ラウンジチェア」のスペシャルモデルを販売致しております。
今回のスペシャルモデルは「ニュアンスレザー」仕様。色はスモークグレーのみ。
張り地に使用されている「ニュアンスレザー」はレザー本来の自然な質感で、高い耐久性と美しさ、上質な手触りをご堪能頂けるものとなっております。
その自然ならではの模様がスモークグレーの色合いを引き立て、優しく温かみのある印象です。

また販売価格も現行品のラインナップと比べ、かなりお得になっております。
ぜひこの機会に名作家具を、手にしてみませんか。

【PK22™ Special Edition】
期間 :2019年4月1日〜2020年4月末日
価格  :¥434,000(税別)
納期 :3.5ヶ月〜4ヶ月

薬院店にて展示しております。
詳しくはお気軽にスタッフまでお尋ねください。

【 PK22™ ラウンジチェア 】
1956年にデザインされたPK22™は、理想的なフォルムと工業的な探求を常としたポール・ケアホルムの代表的な作品です。フレームにスチールを使用するスタイルは、コペンハーゲンの美術工芸学校での卒業制作「エレメントチェア(PK25™) から始まりました。PK22™はデザインの改良と生産性のために構造部分がパーツに分けられています。 1957年のミラノ・トリエンナーレにてグランプリを獲得し、現在、フリッツハンセン社を代表する作品の一つです。シンプルで洗練された美しさをでありながら、ノックダウン構造を実現した、革新的な作品です。

【POULKJÆHOLM(1929-1980)】
ポール・ケアホルムは、1929年デンマーク北西部の田園地帯に生まれ、地元の家具職人の工房に弟子入りし、やがて並行して、ヨーリン技術学校に入学したポール・ケアホルムはこの学校で14歳まで幾何学と製図を習います。すでに実技でもすぐれた能力を発揮したケアホルムは、18歳で家具職人の資格を認められます。
建築素材に強い関心を持っていた彼は、家具の素材としては当時まだ一般的ではなかったスチールも、 木などと同様、芸術的な繊細さをもつ天然素材であると考えました。
卒業後はフリッツ・ハンセン社に約1年間勤め、 その間に重要なチェアのプロトタイプを数多くデザインしています。 1955年よりケアホルムは、家具メーカー、 アイヴィン・コル・クリステンセン社との関係をスタートさせ、その協力は1980年にケアホルムが51歳の若さで亡くなるまで 続きました。1982年にフリッツ・ハンセン社は、1951年から67年の間に開発された「ケアホルム・コレクション」 の製造と販売を引き継ぐこととなりました。繊細なディテールと独特のオーラをもつその作品たちは今も多くの人々を 惹きつけています。

【お問い合わせ】

2019年5月28日

「Wide Bureau」

Size /W1500 D250/420 H1590/720
Material /Teak&Oak

赤く深みのあるチーク材とフチにあしらったオーク材のコントラストが美しいオープンキャビネット。 スウェーデン製のヴィンテージ家具です。
上段は可動式の棚収納。背板がない分、開放的でラフな印象です。 下段の引戸の内部は上下2段収納ですので、余分な仕切りもなく広い収納スペースがとられています。 また天板は手前にひくと作業スペースになりますので、 PC作業や書きものをしたいとき、一時的にものを置いていたいときなど、ちょっとしたひとときに活躍してくれそうです。 その他にも上段には2杯の抽き出しやレターホルダーもついており、見せる収納と隠す収納、さらにはワークスペースまで、 使い勝手のよさが魅力として詰まっています。

オイル仕上げ

【お問い合わせ】